スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 わいわいクラブ・平山台クラブコーラス ジョイントコンサート

7月13日(木)
わいわいクラブ・平山台クラブコーラス ジョイントコンサート
日野市平山台健康市民支援センター
正午~


演奏会は
早稲田のグリークラブのOBと平山台クラブコーラスのジョイントコンサートです。

【曲目】

〈第一部 学生時代の愛唱歌〉
ひかる青雲 岩崎巌 作詞 古関裕而 作曲
時計台の鐘 高階哲夫 作詞・作曲
いざ起て戦人よ 藤井泰一郎 作詞 グラナハム 作曲
遥かな友に 磯部俶 作詞・作曲

〈第二部 クラブコーラスとわいわいクラブのジョイントコーラス〉
花の街 江間章子 作詞 団伊玖磨作曲
Tomorrow 杉本竜一 作詞・作曲
Stand Alone 小山薫堂 作詞 久石譲 作曲
芭蕉布 吉川安一 作詞 普久原恒勇 作曲
花の季節 芙龍明子 作詞 ジプシー民謡
切手のないおくりもの 財津和夫 作詞・作曲

〈第三部 わいわいクラブでリクエストの多い曲〉
カチューシャ 関 鑑子 作詞 ブランデル 作曲
長崎の鐘 サトウハチロウ 作詞 古関裕而 作曲
高原列車は行く 丘灯至夫 作詞 古関裕而 作曲
川の流れのように 秋元康 作詞 見岳章 作曲

平山台の今回の選曲は若々しい曲ばかりで
パキパキと発音をしなければなりませんでした。
皆さん、曲によっては高校生になったり20代になったり
なりきって歌頑張りました~。
ピアノ伴奏の私にも若々しくみずみずしい音色で弾くことを指揮者に要求されて戸惑いながらも試行錯誤でした。
そして暗譜の重要さに改めて気が付かされた演奏会でした。
暗譜後に出来る音楽的なこと、ぜひ全員に体験してもらいたいな~と切望します。

※「わいわいクラブ」は、早稲田大学グリークラブOBの男性合唱メンバーの集まりで、老人ホーム訪問など歌を通して慰問奉仕活動を続けていらっしゃるそうです。280回を超える演奏会をされていて、セミプロの迫力ある男性コーラスでした。
ピアノの伴奏なしで、(アカペラで)歌います、そして暗譜です。
すごい!

今回は去年よりも聞きに来てくれた方が多くて楽しい演奏会となりました。
いつも
こんな雰囲気で練習をしています。
指揮の先生の魅力で団員が増え続けています。
主に
第二・第四木曜日13:30~15:00の練習です。
大きな声で歌を歌っていつまでも元気にはつらつと!

来年に向けてまた練習を頑張りましょう~♪

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。